植田 剛史 | Takefumi Ueda

植田 剛史 | Takefumi Ueda

専門分野・研究テーマ

社会学/都市研究・都市の計画をめぐる知識・権力の再編

主な担当科目

都市社会論、地域社会学ほか

専門教育科目ピックアップ

都市社会論

・プロフィール

 一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位修得退学。専門は社会学・都市研究。東京をはじめとする日本の大都市は、近年、質的にも量的にも劇的な変化を遂げています。こうした変化を引き起こす力はどこからくるのか、なぜ人々はそれを「すんなり」受け入れているのか、ヒトとモノと知識がとり結ぶ関係に遡って考えています。論文に「高度経済成長期における『都市計画コンサルタント』の形成」『日本都市社会学会年報』26号など。

・一言メッセージ

 「どれか1つに絞れなくて」とか「消去法で」とかは、社会学との出会い方として、おそらく間違っていません。皆さんのモヤモヤは、まさに社会学者が取り組んでいる問題かもしれません。

・趣味など

 高いビルの立ち並ぶ少しゴチャゴチャした街の人ごみが一番落ち着きます(が、こうした感性の由来も研究対象にしないといけませんね…)