社会学コースとは

社会学コース概要

「現代社会」という巨大な対象に切り込むための知識と技術を。

私たちは、家族・学校・職場・地域など、社会のさまざまな場面で互いにかかわり合いながら生活しています。その社会生活は普遍的なものではなく、時代の変化や、災害や事故などの突発的な出来事によって、常に新たな課題や問題が発生しています。変化する日常の中で、「より人間らしく、より住み心地のよい社会をどのように築いていくのか」を考えるためには、社会の仕組みや決まりを客観的・批判的にとらえることが必要となります。社会学コースでは、社会調査にかかわる科目を通して、社会の構造や動きを実証的にとらえる技法を学びます。さらに「地域社会学」「家族社会学」「社会心理学」「情報社会学」「福祉社会学」など、社会のリアリティに切り込むためのさまざまな理論やパースペクティブを学ぶ科目をカリキュラムに配置し、現代社会の抱える諸問題に多角的に迫ります。

教育方針・目標

愛知大学文学部では、広く人文・社会諸学の成果に基づき、理論的かつ批判的にものごとを分析・思考する能力を有し、それぞれの職域において指導的な立場に立って、企画構想、問題解決の実践を行い、 国際的教養と視野をもって「世界文化と平和」へ貢献しうる人材の育成をめざしています。

人文社会学科社会学コースでは、上記の目標を達成するために、社会調査を通して社会現象や社会問題を客観的に理解し、具体的な社会生活の課題を解決するための方法や方策を探究する能力を修得することによって、公正で誰もが生きやすい社会を目指して、各方面で参画することのできる人材を育成します。

社会学コース教育目標

グローバル化・流動化する現代社会において、変動する政治・経済・労働などマクロな観点と、諸個人の相互関係、集団や組織、家族・文化・コミュニケーションなどミクロな観点から社会構造を分析します。また、社会調査実習でフィールドに出かけ、多様な変数が変化の中で影響し合う社会を全体として把握する共に、動態的に分析し、現代的な課題である環境・コミュニティ・家族・ジェンダーなどの分野を学習して、望ましいポスト近代社会のあり方を構想する能力を培います。また、社会調査の方法を身につけ、公務員・教員・NPO職員をはじめ、社会計画や公共政策に参画できるような人材を育成します。

取得を支援する資格

目標となる資格・採用試験
・教員採用試験
・国家公務員・地方公務員
・TOEIC®︎
・TOEFL®︎
・社会調査士

取得可能な資格

・社会調査士
・高等学校教諭1種免許状(地理歴史、公民、国語、英語、独語、仏語)
・中学校教諭1種免許状(社会、国語、英語)
・小学校教諭1種免許状
・司書教諭
・社会教育主事
・司書
・博物館学芸員